江古田キャンパスの教育体制

武蔵野音楽大学では、これまで7学科体制をとってきましたが、2017年度より江古田新キャンパスにて演奏学科と音楽総合学科に再編されることになりました。
下記では、新学科の教育体制について紹介したいと思います。

まず、これまでと同様に専門分野における科目の充実度アップはもちろんですが、原点に帰るという意味でも、音楽史や音楽理論についての基礎を徹底させていきます。
これによって今後学生たちの進路の道しるべとなるだけではなく、今までよりももっと広い視野で将来の選択肢を広げる効果を目論んでいます。

セメスター制の導入によって、これまでに比べて半期の間に修得可能な科目がアップします。
ですので、学生自身も講師もカリキュラムを更にフレキシブルに設定していくことができます。

柔軟性をもつことで専攻コースだけではなく、自由科目などもたくさん設定することができ、幅広い分野で活躍できるような人材育成を実現させます。
自由科目は全学科の全コースで履修が可能となっているので、学生は自分の意志で好きな科目を選べます。
例えば、メンタルトレーニング入門科や音楽療法入門科は、今はまだ大きく発展していない分野でもありますので、高い専門知識を身に付けることはかなり将来に影響してくると思います。
そして学生の自信にもつながり、その自信は大きな飛躍の原点になっていくのではないでしょうか。

更にアクティブラーニングの導入も江古田キャンパスの特徴で、それぞれ目標を持つことが可能となります。
つまり、決められた授業だけではなく、自分が興味のある分野、大好きな分野をもっともっと深く追求して学ぶことができるということになります。
目標を持つことで日頃の取り組みは大きく変わっていきますし、目標を設定するための環境が整っているということは、最大限学生の能力を引き出す要因になってくると思います。

そして、教員免許と学芸員資格の取得が可能となります。
双方の資格を取得できるようになるということは、他の音楽大学ではなかなか取り入れていない体制ですので非常に魅力的です。
音楽総合学科ではオープンメジャーシステムを採用し、1年生は4種類のコースに対する基礎知識を身に付け、2年生はその中から1つを自分自身で選択して専門的な部分を習得していくスタイルを取れます。
また1年生の時点から専門にするコースを選ぶことができるフィックスメジャーシステムも、希望することで選択することが可能となっています。

このように充実度では他の音楽大学には負けない教育体制を整えた武蔵野音楽大学は、この先も大きく発展していくのではないでしょうか。