平成29年度 武蔵野音楽大学研修員募集のお知らせ

   

武蔵野音楽大学では研修員を募集しています。
これには条件があり、武蔵野音楽大学を卒業or同大学院を修了している必要があります。
具体的にどういったことを行うのかというと、研修員になると授業の補助等を行うことになるでしょう。
補助といっても誰でもできるようなものではなくて、演奏の補助をしたり伴奏をしたりなど、音楽に関するスキルがあるからこそ可能な内容となっています。
この音楽大学を出たけれど今は音楽の道を離れてしまって何らかの形かでかかわりたい…、今は子育て中で自宅にいるので有効に時間を使うために応募したいという人もいるでしょう。

研修員になるとそこで学んでいる生徒に対して貢献することができますし、それだけではなくて自分自身も新しく学ぶこともできるでしょうし、何よりも刺激を得られるのは嬉しいです。
大学で真剣に学んでいる生徒に囲まれているとやる気がアップしますので、研修員にとってもメリットは多いです。

そしてこの武蔵野音楽大学の研修員になると報酬も支給されます。
平成29年度 武蔵野音楽大学研修員募集要項には具体的な金額は明記されてはいませんが、自分が大好きな音楽関連の仕事ができ、また教育関連にかかわれるというのは嬉しいですよね。

ちなみに委嘱期間は2年間となっていて、平成29年度のものについてはすでに募集が終了してしまっています。
受付期間は1月18日から2月10日でした。

研修員として生徒に対する授業に携わるわけですから、ただ武蔵野音楽大学or大学院を出ているだけではだめで、試験も当然行われることになるので、事前練習をしておきたいです。

武蔵野音楽大学は現役で学んでいる人だけではなくて、すでに卒業を果たしている人に対しても門戸を開いているのですね。
有名で名の知れた大学ではありますが、ここまでの知名度があるのは、こういったことも要因なのかもしれませんね。
例えば現役の武蔵野音楽大学生の年間行事に関するページも公式サイトに掲載されていますが、これを見ると様々なイベントが用意されていることが分かりますし、音楽に関する行事がたくさんあることが理解できますね。
もちろん音楽に関することだけではなくて、学生生活を満喫できそうなものも見られます。

こういった生徒たちの学びのお手伝いができる研修員という制度は非常にやりがいを感じます。
今年の募集は終わりましたがまた来年募集されるかもしれませんから、希望する人は練習しておきたいです。

 - 未分類