群馬大学について

   

群馬大学は1949年設立の国立大学です。
1873年に設置された群馬師範学校を起源としているため、非常に歴史ある学校と言えます。

キャンパスは荒牧、昭和、桐生、太田の4つで、いずれも群馬県内に位置しています。
群馬大学の各キャンパスには多くの学生が集い、日々専門分野について学んでいます。

群馬大学の学部は、教育学部、社会情報学部、医学部、理工学部の4つです。
教育から情報社会、医学など様々な分野について学べるのが特徴で、各業界の第一線で活躍する人材を育成しています。
教育業界や医療の分野へ進みたい方は、ぜひ検討してみると良いでしょう。

大学院は更に多くの学科が設置されています。
教育学研究科や社会情報学研究科などのほか、5つの学科に分かれています。
それぞれについて大学院で学ぶことで、更に深い知識を得られます。

また、群馬大学は附属施設や研究所も充実しているのが特徴です。
メディアセンターや附属病院などを多数運営しています。
また、学生支援のための受け入れセンターや健康支援総合センターなどもあります。
学生生活を送る上で欠かせない施設です。

入学後に悩みが出ることも珍しくありませんが、群馬大学では専用の窓口も設置されています。
全学生を対象にした学生相談室を利用すれば、相談員へ直接悩みなどを相談できます。
カウンセラーへ相談できる窓口も設けており、様々な面から学生をサポートする体制が整っています。

一方で、入学金や授業料の免除・猶予制度や各種奨学金制度も充実しています。
いずれも条件が定められていますが、経済的な理由などで入学金・授業料の支払いが困難な方にはメリットの大きな制度です。
希望する方は申し込み前に条件をチェックし、相談してみましょう。

遠方から群馬大学へ入学を希望する方も少なくありません。
入学前に自分でアパートやマンションを探すことも多々ありますが、群馬大学は学生寮とアパートの斡旋を行っています。

学生寮は各キャンパスから徒歩・バスでほど近い所にあり、通学の利便性に優れています。
設備も充実しており、寄宿料も抑えられていることから、非常に多くのメリットがあります。
アパートを希望する方も、群馬大学が窓口を設置していますので、入学前に相談してみると良いでしょう。

群馬大学は歴史ある大学で、キャンパスや各種施設が充実しています。
群馬県内在住の方はもちろん、県外に住んでいる方も、一度パンフレットなどを請求してみてはいかがでしょうか。

 - 武蔵野音楽大学の卒業生紹介