上野学園大学について

   

上野学園大学は1958年に設立された大学です。
起源は1904年に創立された上野高等女学校で、戦後は大学として設立され現在に至ります。
音楽系の大学の一つであり、シャンソン歌手やシンガーソングライターを始め、数多くの著名人を輩出しているのが特徴です。

上野学園大学は、2つの学部が設置されています。
4年生の音楽学部と、2年生の短期大学部です。
いずれも学科が設置されており、複数のコースに分かれています。

4年生の音楽学部は音楽学科を中心に、器楽コース、声楽コース、グローバル教養コースがあります。
音楽について4年間学び、プロフェッショナルを目指していく学部です。
4年間を通じて音楽に関して学びたい方は、音楽学部を選ぶと良いでしょう。

一方の短期大学部は、音楽学科の下にピアノ・器楽・声楽の各専門コースと、音楽療法士養成課程が設置されています。
ピアノや声楽について学びたい方はもちろん、音楽療法士を目指す方は短気大学部を選ぶことになるでしょう。
音楽療法士は近年注目を集めており、今後は教育・福祉などの分野で活躍が期待されている職業です。

また、カリキュラムは個人レッスンを中心に、アンサンブルなどの科目、音楽基礎、研究科目など、多彩な授業から成り立っています。
他にも各コースに応じた専門教育科目、実技やオーケストラなど、音楽に関連した様々な科目があります。
一般教養などの共通する科目もあり、幅広い知識を身につけられる点が特徴です。
ただし、細かな科目は学科・コースによって異なるので注意しましょう。

上野学園大学は2つのキャンパスが設置されています。
上野駅からほど近い校舎棟と、講堂などが併設されているホール棟です。
校舎棟は教室やレッスン室などから成り立っており、高校・中学も併設されています。

もう一つのホール棟は、石橋メモリアルホールを中心に、いくつかの設備で成り立っています。
演奏などはホール棟で行い、普段講義は校舎棟で行います。

また、ほど近いところに学生寮があり、遠方から入学する方でも安心して学生生活を送れるようになっています。
ピアノも設置されているため、空き時間を利用して練習もできます。
家賃も賃貸物件より安いことから、生活費を抑えたい方にはぴったりではないでしょうか。

上野学園大学は充実したカリキュラムと様々な設備が特徴です。
音楽大学の中では歴史も古く、同大学出身の著名人も多くいます。
音楽業界へ進みたい方は、説明会などへ参加してみてはいかがでしょうか。

 - 武蔵野音楽大学の卒業生紹介